2017年3月20日

春景に瑞風さっそう 初のフル編成で試運転

 山陰・山陽を周遊するJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風(みずかぜ)」の試運転が19日、鳥取県内のJR山陰線であった。深緑色の「瑞風グリーン」の車両が青空の下をさっそうと駆け抜け、詰めかけた“撮り鉄”や沿線住民を魅了した。京都・大阪各駅を起点に6月17日に運行開始する。

 2月23日に大阪市内の車両基地で深緑色の車体が報道陣にお披露目されて以来、県内の山陰線を試運転したのは初めてと見られる。この日は、営業運行と同じ10両のフル編成で走行し、京都から米子方面の下り線で“走る豪華ホテル”の姿が各地で見られた。

 試運転のダイヤは公表されていないが、沿線には大勢のファンがカメラを構え、金色のエンブレムとラインが入った高級感ある車両を撮影。岩美町内で日本海を背景に撮影した兵庫県姫路市の会社員、藤原賢吾さん(39)は「山陰の美しい風景に溶け込む車体。乗るには高すぎるが、撮るには最高の被写体」と興奮気味に話した。(北尾雄一)

関連特集