2017年3月21日

人力車周遊で観光客もてなし 仁風閣が試験走行

 鳥取市の久松公園で19日、公園内の国重要文化財「仁風閣」に展示されている人力車の試験走行と写真撮影会があった。親子連れらが試乗し、レトロな気分に浸った。

 仁風閣が取り組んでいる「明治ルネッサンスプロジェクト」の一環として企画。職員ら3人が久松公園内約200メートルを交代で人力車を引き、乗客は心地よい春の風を感じながら周遊を楽しんだ。

 鳥取市内で人力車がまちを走る風景は珍しく、カメラを持った人も多く訪れ、久松山や仁風閣を背景にシャッターを切った。

 友達と一緒に人力車に乗った同市江崎町の橋本成実さん(7)は「初めて人力車に乗り、楽しかった。(人力車の座席は)意外に高く、いい景色だった」と喜んだ。

 仁風閣は今後も引き続き観光客らに“明治レトロなおもてなし”をしていく考え。本城義照所長は「将来的にはイベントなどで定期的に人力車を走らせたい」と話した。(前嶋英雄)