2017年3月21日

宙ガール篠原ともえさん 星空の魅力 熱く

 大山の星空の魅力を発信しようと、天文を愛する「宙(そら)ガール」として知られるタレントの篠原ともえさんを招いたトークショーが20日、鳥取県日吉津村日吉津のイオンモール日吉津であり、星の観測の楽しみ方などを伝えた。

 伯耆国「大山開山1300年祭」のテーマでもある大山の夜の魅力の星空をPRするため、同祭実行委が開催。篠原さんが、鳥取県の夜空の美しさを「星取県」として打ち出す平井伸治知事や光学機器メーカー「ビクセン」の新妻和重社長と、星空にまつわるトークを展開した。

 故郷の星を眺め、星空に興味を持ち始めたという篠原さんは「冬に見える獅子(しし)座と鳥取県の形がそっくり」と紹介。「鳥取県でしか味わえない星の美しさを見つけてほしい」と呼び掛けた。

 新妻社長は、双眼鏡でも気軽に星を観測できることをアピール。平井知事は「鳥取県は自然が豊かで夜が適当に暗く、星がきれいに見える。星の豊かさを多くの人に知ってもらいたい」と述べた。

 トークショーに先立ち、平井知事は篠原さんを「とっとりふるさと大使」に任命。加えて「星取県スター大使に就任してほしい」と要請し、篠原さんは笑顔で快諾した。(井川朋子)