2017年4月21日

山肌鮮やかにミツバツツジ 用瀬、愛宕山公園

 鳥取市用瀬町用瀬の愛宕山(あたごさん)公園に自生するミツバツツジが満開となり、山肌を鮮やかな濃いピンク色に染めている。

 愛宕山公園には約1500本のミツバツツジが自生。地元住民らが用瀬の街並みと千代川を見下ろしながら、登山道脇に咲くミツバツツジを満喫している。

 同市用瀬町総合支所によると、午後10時ごろまでぼんぼりに明かりがともされ、風情あふれる花見が楽しめるという。(増井賢一)

関連特集