2017年5月5日

育児両立環境望む 少子化問題 本紙意識調査

 本紙インターネット会員調査結果では、年代を問わず鳥取県民の多くが少子化を社会的な問題と認識している現状が明らかになった。共働き世帯の増加や核家族化の進展を踏まえ、安心して子どもを産み育てられる社会システムの構築が急務だ。

会員登録すると続きをお読みいただけます。