2017年5月17日

運用開始で内覧会 湯梨浜に初のお試し住宅

 鳥取県湯梨浜町は16日、運用を開始する同町川上の「ゆりはま暮らしお試し住宅~もりた屋~」の内覧会を行った。利用者には住民としての生活体験を通じて、地域住民と交流を深めてもらい、地域の活性化につなげる。

 空き家の有効活用と移住定住を促進しようと町は、2015年に住宅提供者を募集。埼玉県在住の森田秀一さん(66)から申し出があり、町が住宅を取得し改修を進めていた。同町では初めてのお試し住宅。

 内覧会は地域住民にも呼び掛け約20人が参加。宮脇正道町長は「移住に結びつけてほしい」とあいさつ。藤井裕二区長(48)は「空き家が有効活用されてよかった。地域ににぎわいが生まれれば」と期待した。

 お試し住宅は木造2階建てで築約60年。台所をのぞき、部屋は1階と2階合わせて10部屋ある。利用可能期間は3日から1カ月。料金は3日6千円、1カ月3万円。問い合わせは町みらい創造室。(吉浦雅子)