2017年6月19日

ホーム戦3連敗 ガイナーレ、富山に0-1

 明治安田J3第13節最終日(18日・とりぎんバードスタジアムほか=7試合)ガイナーレ鳥取は富山に0-1で敗れた。今季2度目の完封負けでホーム戦3連敗。通算3勝3分け6敗で勝ち点12、12位に下がった。

 次節は25日、沖縄県総合運動公園陸上競技場で琉球と戦う。

 首位の秋田が沼津に1-0で競り勝ち、勝ち点を30に伸ばした。同23の沼津は連勝が4でストップした。

 ▼富山1-0鳥取

 【評】ガイナーレは加藤が右サイドからゴール前に運ぶなどで攻撃を仕掛けた。しかし、相手の速い寄せにリズムを崩し、31分には中盤での横パスをカットされると、ゴール前に運ばれて先制点を許した。

 後半は左サイドの河合が起点となったが、シュートまで持ち込めなかった。26分、相手を倒した稲森が退場処分になった。数的不利の状態で途中投入された畑中を前線に置き、岩元、林の両サイドから攻撃したが、無得点に終わった。

サイドからの仕掛け停滞

 森岡隆三監督の話 前半の立ち上がりは非常に良かったが、その後、サイドからの仕掛けなど停滞した。良く守っていたが、1本のシュートでやられてしまった。数的不利になってから逆にボールを前に運べたのは好材料だった。

関連特集