2017年7月4日

ハタケシメジを特産に ジビエとの相乗効果狙う

 日本きのこセンター(鳥取市、常田享詳理事長)は3日、ハタケシメジの菌床ブロック40個を若桜町に無償提供した。ハタケシメジは同町が力を入れるジビエ(野生鳥獣肉)の料理に合うとされ、同町は栽培実証試験を行いながら特産化を目指し、ジビエとセットで売り込む考え。

会員登録すると続きをお読みいただけます。