2017年7月15日

鳥大またセクハラ 大学院教員、女子学生に

 鳥取大は14日、自ら指導する女子学生にセクハラ行為を繰り返し行ったとして、大学院医学系研究科の40代の男性教員を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。女子学生は通院治療を余儀なくされるなど就学環境が悪化。

会員登録すると続きをお読みいただけます。