2017年7月16日

球児の夏 幕開け 全国高校野球鳥取大会 第1日

 「第99回全国高校野球選手権鳥取大会」は15日、どらドラパーク米子市民球場で開幕。1回戦3試合を行い、米子松蔭と鳥取東が2年連続の初戦突破。鳥取育英はコールド勝ちで2年ぶりの2回戦進出を決めた。

 1回戦屈指の好カードとなった開幕戦は昨夏準優勝の米子松蔭が鳥取商との競り合いを制した。鳥取東は16安打11得点で境港総合に快勝した。鳥取育英は四回、打者11人の猛攻で日野を突き放した。

 開会式では昨年優勝の境を先頭に25校が入場行進。倉吉東の政門笑太主将が選手宣誓をした。第1試合の前には飛び込みの三上紗也可さん(米子南高2年)が始球式を行った。

 大会は予備日、準決勝前日の休養日を除いて10日間の日程で組まれ、順調に試合が進めば26日に決勝が行われる。第2日の16日は午前9時から同球場で1回戦3試合が行われる。

関連特集