2017年7月22日

パーキンソン病患者に「光」 すくみ足改善機器開発

 床に線を投影し、パーキンソン病などの症状として発生する「すくみ足」を改善する機器を、建築や福祉用具販売などを手掛ける鳥取県米子市の企業が開発した。試作品を使用したモニターからは「もう手放せない」などの反響があり、

会員登録すると続きをお読みいただけます。