2017年7月25日

「なぜ延長」疑問噴出 宍道断層39キロに見直し方針

 中国電力は、島根原発(松江市鹿島町)の耐震設計の基準となる宍道断層の長さについて、従来の25キロを約1・5倍の39キロに見直す方針を決めた。ただ「延長部分に活断層は認められない」との評価は変わらず、

会員登録すると続きをお読みいただけます。