2017年8月25日

前線からのプレスで勝利を ガイナーレ、26日相模原戦

今節のガイナーレ
▽明治安田J3第20節 VS相模原
(26日18時・とりぎんバードスタジアム)

 12位の相模原をホームに迎える。勝ち点1差で追う13位ガイナーレは前線からプレスを仕掛け、相手の攻撃を抑え込みたい。

 相模原の課題はリーグワースト2位の14点と低迷する攻撃力。中断期間に強化を図り、ボールを保持する戦術に変えた。前節では発揮できなかったが、FWの久保、ガブリエルと前線にタレントはそろう。守備はボランチ岡根を軸に安定感がある。

 ポゼッション志向の相手に対し、ガイナーレは岩元、加藤が前から積極的にボールを奪い、チャンスをつくる。第16節の対戦時に苦戦した両サイドからの攻撃には前節同様、河合らの運動量を生かして守りたい。

 加藤はCBをはじめ180センチを超える大型選手の多い相手に対し「やりにくさはない。素早く動けば崩せる」。前節チームトップの5点目を挙げ「いい攻撃をすれば失点も防げる。もっと得点すれば勝ちにつながる」と自信をのぞかせる。

(椎葉直)

勝ち点上積みを

 森岡隆三監督の話 戦術的には前回と変わらず両サイドでの攻防と、ボールを支配して主導権を握れるかが鍵。ホームではまだ1勝しかしていないので何としても2勝目を挙げて、勝ち点を積み上げたい。

関連特集