2017年9月3日

「浜坂道路」が11月26日開通 余部―浜坂IC

 兵庫県で建設中の山陰近畿自動車道「浜坂道路(1期)」が、11月26日に供用開始されることが2日、明らかになった。豊岡市-新温泉町間の車での移動時間が約7分短縮されて1時間以内となり、アクセス向上に大きな役割を果たす。

 開通区間は、余部インターチェンジ(IC)-新温泉浜坂IC間の約9・8キロ。2008年度に事業化し、11年度から着工した。総事業費は約369億円。

 約6割をトンネルが占め、桃観峠周辺にある急カーブの難所を約2・5キロの新桃観トンネルで貫く。

 これまで供用時期は12月上旬としてきたが、工事の順調な進捗(しんちょく)状況を踏まえて前倒しした。この日、豊岡市で開かれた「北近畿豊岡自動車道・山陰近畿自動車道早期実現促進大会」の席上で、兵庫県の井戸敏三知事が発表した。(松本妙子)

関連特集