2017年9月4日

北朝鮮6回目核実験 被爆者ら怒りの声

 北朝鮮が6回目となる核実験を強行した3日、鳥取県内の自治体は情報収集と分析に追われた。放射能などの影響はなかったが、県はモニタリング態勢を強化した。被爆者や拉致被害者の家族からは憤りや失望の声が上がった。

会員登録すると続きをお読みいただけます。