2017年9月6日

「貝殻節」伸びやかに 鳥取で全国大会、3部門に141人

 鳥取県に伝わる民謡「貝殻節」の歌声を競う「第6回貝殻節全国大会」が3日、鳥取市吉方温泉3丁目の市文化ホールで開かれた。3部門に141人が参加し、伸びやかな歌声を会場に響かせた。

 貝殻節を通した交流を促進し、鳥取の民謡文化をPRするために開催。参加者は華やかな着物や法被に身を包み、尺八や三味線の演奏に合わせて歌った。

 兵庫県姫路市から参加した松本寛子さん(75)は「昔からなじみのある歌。やればやるほど深みがある」と魅力を話した。

 島根県の小林正司さんが総合優勝した。