2017年9月10日

匠の技じっくり見学 大山寺阿弥陀堂屋根修繕公開

 大山寺の開創1300年を来年に控え、屋根の修繕作業が進められている国重要文化財の大山寺阿弥陀堂(大山町大山)で9日、昔ながらの匠(たくみ)の技を間近で見てもらおうと、修繕現場の特別公開が行われた。参加者は、竹のくぎを使って薄い板を幾重にも重ねる「こけら葺(ぶ)き」の作業を、じっくりと見守った。

会員登録すると続きをお読みいただけます。