2017年9月12日

大山周辺で猛毒カエンタケ 触れると皮膚炎症

 近年のナラ枯れ被害の拡大に伴い、コナラなどブナ科の枯れた樹木の根元に発生する猛毒のキノコ「カエンタケ」の被害が懸念されている。既に大山とその周辺の山林では目撃例が報告されている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。