2017年9月13日

「音」生き生き表現、個性派ぞろい 大伴家持大賞

 「音」をテーマに全国公募した短歌大会「第23回大伴家持大賞」は、12日の最終審査会で各賞が決まった。一般の部の受賞者は19歳から106歳まで幅広く、作品も個性派ぞろい。審査員は「躍動感が伝わる」「詠む人を勇気づける」などと評価した。

会員登録すると続きをお読みいただけます。