2017年9月13日

最高賞に潮さん エコアイデアコン、西部地区審査会

 小学生を対象にした「エコアイデアコンテスト2017・第25回夏休みリサイクルアイデア作品展」(鳥取県、新日本海新聞社主催、鳥取銀行特別協賛)の西部地区審査会が12日、米子市両三柳の新日本海新聞社西部本社であり、入賞作品30点が決まった。最高賞のエコトリピー賞は潮帆乃香さん(会見小5年)の「ひまわりエコカレンダー」が受賞した。

 身の回りの不用品を再利用したエコ工作の部に316点、環境に配慮した取り組みを写真と文章で紹介するエコスクープの部に32点の応募があり、県西部の環境行政担当者ら5人が審査した。

 エコトリピー賞に輝いた潮さんの作品は、ペットボトルでヒマワリの花とカレンダーを作り、曜日を回転させて永久に使えるように工夫した。新日本海新聞社賞は昆陽美月さん(中浜小3年)が受賞した。

 全ての応募作品は15~21日、境港市の夢みなとタワーで展示される。(堀田裕史)