2017年9月18日

首相、解散総選挙意向 短期決戦、構え強める

 安倍晋三首相が臨時国会の早い段階で衆院を解散し、10月中の総選挙を検討する意向を示したのを受け、各党の鳥取県内組織や公認候補予定者は17日、「短期決戦」への構えを強めた。自民、公明両党が臨戦態勢を強調する一方、

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集