2017年9月24日

日野・倉吉農が初白星 秋季鳥取県高校 第1日

 「秋季鳥取県高校野球大会」第1日は23日、コカ・コーラ野球場などで1回戦7試合が行われ、日野・倉吉農が境港総合に5-3で勝ち、県内の合同チームとしては公式戦初の白星を飾った。米子は鳥取湖陵にコールドで制し5年ぶりの初戦突破。米子工は浦田の投打の活躍で八頭に完封勝ちし、それぞれ2回戦に駒を進めた。

 開会式では米子松蔭の辰己晴野主将が「多くの人に支えられ、大好きな野球ができることへの感謝を白球に込め、仲間を信じ、自分を信じて最後まで諦めない全力プレーを誓う」と宣誓した。

 第2日の24日は2回戦8試合が同野球場など3会場で行われ、鳥取城北、倉吉北、米子松蔭のシード校が登場する。

関連特集