2017年9月24日

不意の決戦 迫る解散・総選挙(中)

 衆院鳥取1区で独自候補擁立を模索する民進党鳥取県連が手詰まり状態に陥っている。現時点で有力な候補者はおらず、旧民主党時代を含めて3回連続で「不戦敗」となる可能性が濃厚だ。県連幹部らは

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集