2017年9月26日

境、米子松蔭、鳥取城北4強 秋季県高校野球大会

 「秋季鳥取県高校野球大会」第3日は25日、コカ・コーラ野球場などで準々決勝4試合が行われ、米子工-鳥取商は2―2のまま延長十五回で決着がつかず、引き分け再試合となった。2010年以来7年ぶりの秋季県大会での再試合は、26日午前10時から同野球場で行われる。

 ノーシードの境は延長十一回、寺本の適時打で決勝点をもぎとり、倉吉東を下して4強入り。シード校で3連覇を狙う鳥取城北、米子松蔭が準決勝進出を決めた。3校は来春の県大会のシード権を獲得した。

 準決勝は30日、同野球場で行われる。

関連特集