2017年9月29日

一本化描いたが… 市民団体「合流」に異論

 民進党と「希望の党」との合流が決まった28日、野党と市民の共闘を目指してきた県内の市民団体関係者からは「参院選から積み上げてきた連携の枠組みを崩すべきでない」などと異論が相次いだ。

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集