2017年10月1日

決勝は鳥取城北―米子松蔭 秋季県高校野球大会

 「秋季鳥取県高校野球大会」第5日は30日、コカ・コーラ野球場で準決勝2試合が行われ、米子松蔭が5年ぶり、鳥取城北が3年連続の決勝進出を果たした。両校は来春の選抜大会につながる「第129回秋季中国地区大会」(10月27日開幕・広島県)の出場権を獲得した。米子松蔭が2年連続12度目、鳥取城北は3年連続18度目の出場となる。

 米子松蔭は先発辰己が鳥取商打線を4安打に封じ、九回無失点に抑えた。鳥取城北も左腕浦林が11奪三振の好投で3安打に抑え、完封勝ち。

 最終日の1日は、中国大会出場権の最後の1枠を懸けた鳥取商-境の3位決定戦後、決勝がある。米子松蔭-鳥取城北は今夏の鳥取大会2回戦と同じ顔合わせ。

関連特集