2017年10月1日

“肉質日本一”賞味あれ 鳥取で和牛フェスタ

 今年9月に宮城県であった「第11回全国和牛能力共進会」に出品した鳥取和牛が第7区(総合評価群)の肉牛群で第1位を獲得したことを受け、「祝!肉質日本一 和牛王国とっとりフェスタ」(鳥取県など主催)が30日、鳥取市賀露町西3丁目の地場産プラザわったいなで開かれた。大勢の来場者が鳥取和牛を試食して、“肉質日本一”を祝った。

 セレモニーでは、生産者らによるくす玉割りに続き、全共に入賞した牛肉500グラムが当たる特別抽選会を実施。当選者の発表に会場が沸いた。

 また、牛肉の販売や試食会、ガラポン抽選会など鳥取和牛の魅力をPRするさまざまな催しが開かれた。

 鳥取和牛を試食した大阪府阪南市の主婦、川畑裕子さん(55)は「脂身もちょうど良く肉汁が ジュワッと出て肉のうまみが伝わってくる。帰って宣伝したい」と太鼓判を押した。

 県は首都圏のレストランでの使用や県内外でのイベントへの出品など、鳥取和牛の売り込みに力を入れる。(増井賢一)