2017年10月4日

セーリング 瀬川が頂点、自転車 山根慶V えひめ国体

 国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」第4日は3日、愛媛県新居浜マリーナなどで行われ、鳥取県勢はセーリング成年男子レーザー級の瀬川和正(米子産業体育館)、自転車少年男子1000メートルタイムトライアルの山根慶太(倉吉西高)が優勝した。

 瀬川はこの日最初の第2レースで首位に立ち、その後も上位を維持。同種目で県勢初優勝を飾った。

 山根慶は2位と0秒376秒差の1分7秒683で頂点に立った。県勢の同種目の優勝は5年ぶり。兄の山根将太(倉吉西高出、中大)は成年男子スプリントで3位入賞した。(取材班)

関連特集