2017年10月4日

江府町女性消防隊6位 全国女性消防操法大会

 「第23回全国女性消防操法大会」(9月30日・秋田市)に鳥取県代表として出場した江府町女性消防隊が優秀賞(6位)、1番隊として出場者した田枝由起さんが優秀選手賞をそれぞれ受賞した。

 同消防隊は20~50代の9人で構成。2005年の全国大会では優良賞(11位)を獲得した。今回の大会出場に当たっては、本格的な操法訓練を今年2月から開始し、週3回、夜間を中心に約2時間の練習を重ねてきた。

 全国47隊が出場する中で6位に入賞、各操作員の優秀者2人(計10人)に贈られる優秀選手賞も田枝さんが受賞した。高津範子分団長は「練習では大会が近づくに連れて調子が上がり、本番で成果を出すことができた。雨の中での大会だったが、江府町が出場する際には雨が降らず幸運にも恵まれた」と振り返った。

 前回を上回る好成績を収めた女性消防隊。白石祐治町長は「小さな町から出場して6位入賞は素晴らしく、町民の誇り。団員だけでなく、家族や江府消防署の皆さんの支えがあってこそ。一緒に喜びたい」と話し、隊員の活躍をねぎらった。(高塚直人)