2017年10月12日

「18歳」啓発OK? 主権者教育、高校急いで対応

 「18歳選挙権」で2度目の国政選挙となる今回の衆院選。急展開の選挙日程の中、各高校では急きょ、独自のアンケートを企画したり主権者教育の時間を新たに設けたりするなど知恵を絞っている。一方、県選管や市選管による出前授業を予定、

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集