2017年10月12日

地元の旬の味、新商品ずらり 道の駅岩美

 道の駅きなんせ岩美(鳥取県岩美町新井、吉田喜美駅長)でこのほど、旬の地元グルメを集めた「秋の味覚祭パート3」が開かれ、来場者でにぎわった。

 四季折々の食のイベントで、道の駅がJA鳥取いなば、田後漁協と連携して山海の幸を提供している。今回は道の駅のスタッフらで考えた「ハタちゃん天ぷら」「カレちゃん天ぷら」も初売りした。

 新商品の天ぷらは、先月解禁の底引き網漁で取れるハタハタと赤カレイを使ったもの。それぞれすり身にし、茎ワカメなどを加えてさつま揚げ風に仕上げた。吉田駅長は「モサエビ天ぷらに続く新しい名物。何度も失敗を繰り返してたどりついた。これからも地元産にこだわったオリジナルの天ぷらを広めたい」と話している。

 このほか、道の駅には新米やマコモタケなど秋の味覚が並び、豊かな食材を買い求める人が絶えなかった。