2017年10月19日

境線にも「イコカ」 JR西初の車載型改札

 JR米子支社は18日、IC乗車券「ICOCA(イコカ)」の利用エリアを境線にも拡大すると発表した。同線は無人駅やワンマン列車が多いため、JR西日本では初めて車載型IC改札機を導入し、2019年春の運用開始を目指す。

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集