2017年11月7日

ミドルやシニアの就職支援 合同企業説明会・面接会

 さまざまな世代の就職を支援するミドル・シニア・レディーズ仕事ぷらざは3日、鳥取市富安2丁目の日本海新聞ビル5階ホールで合同企業説明会・面接会を開いた。約150人の求職者が来場し、地元企業の事業内容などの説明を受けた。

 今年で3回目。製造や医療・福祉、サービス、運輸など計35社が参加。来場者は興味を持った企業のテーブルを回り、担当者から説明を受けたほか勤務条件などについて質問した。

 仕事ぷらざの事業を受託する人材派遣大手パソナ(東京)の渡辺康雄官公庁事業部長は「採用はマッチングが難しいケースも少なくないが、求職者と企業側が直接話し合える有意義な機会」と話している。

 合同企業説明会・面接会は23日午後1時半から倉吉未来中心でも開かれる。参加無料。