2017年11月8日

自殺50人以下、23年までに 県が独自対策へ

 自殺対策基本法を受けて鳥取県は独自の「自死対策計画」を策定する。2023年までに県内の自殺者数を50人以下(16年の確定値82人)とする数値目標を設けるほか、具体的な取り組み内容も盛り込む。本年度内の策定を目指す。

会員登録すると続きをお読みいただけます。