2017年11月8日

男子 ターキーが初優勝、女子 リペララ全勝 日本海バレー

 「第44回日本海バレーボールリーグ」(鳥取県バレーボール協会、新日本海新聞社主催、メモワールイナバ協賛)は5日、米子産業体育館で最終第5節が行われ、男子1部初昇格のターキーが9勝1敗で初優勝した。倉吉Pearsが最下位となり、来季の2部降格が決まった。

 男子1部2位のRAIDは ターキーとの直接対決に勝ち、勝ち星で 並んだもののセット率で下回り、9連覇を逃した。前節、同2部で初優勝を決めたピエロは10戦全勝とし、来季の1部昇格を飾った。女子も初優勝のリペララが 無傷の10連勝で締めくくった。

 男子1部の5位岩美クと同2部の2位八頭クは入れ替え戦(12月3日・気高町農林漁業者トレーニングセンター)、同2部と女子の5位以下は選抜大会(11月19日・青谷町農林漁業者トレーニングセンター)で勝ち上がったチームと入れ替え戦に臨む。

関連特集