2017年11月9日

鳥取県から初参加へ 全日本高校模擬国連大会

 東京都渋谷区の国連大学で11、12の両日開かれる「第11回全日本高校模擬国連大会」(ユネスコ・アジア文化センター、グローバル・クラスルーム日本委員会主催)に、鳥取西高2年の青木優奈さん(17)と鎌田康生さん(17)のチームが参加する。模擬国連は割り振られた担当国の外交官になりきって決議案の“交渉”を行う仕組みで、今回のテーマは「人権とジェンダー(男女の社会的性差)平等」。2人は「全国の高校生が集まって話し合う場。将来につながるような交渉をしたい」と意気込んでいる。

会員登録すると続きをお読みいただけます。