2017年11月10日

最新ツールに興味津々 働き方改革フェア

 モリックスジャパン(鳥取市)の「ソリューションフェア2017」が9日、同市商栄町の鳥取卸センター会館で開かれた。

 「働き方改革~ワークスタイルの変革」をテーマに、業務の効率化により生産性向上を支援するOA機器をはじめ、安全管理やテレワークなどの働き方改革を実現するシステムなど最新ツールを展示。訪れた多くの来場者がメーカーの担当者から活用例などの説明を受けた。

 あらゆる業種で小型無人機「ドローン」や人工知能(AI)への関心が高く、今年は活用の幅が広く低コストで導入可能な小型ドローンを実際に飛行させる体験コーナーなどの展示も充実。同社の盛田栄一会長は「変革のスピードは日ごとに加速している。企業の成長につながる新たな技術を広く知っていただき、活用してほしい」と話した。