2017年11月11日

行員ら笑顔であいさつ 合銀がJRと連携し

 山陰合同銀行の鳥取市内の店舗に勤務する行員が9日、JR鳥取駅であいさつ運動を行った。JR米子支社との協定に基づく社会貢献活動の一環。行員たちはJR職員と共に笑顔で声を掛け、通行人を元気づけていた。

 地域のコミュニケーション促進を目指して山陰の主要駅で実施。鳥取駅では2012年秋から毎年2回行っている。

 この日は、新入行員を中心に20人余りが3カ所に分かれて運動を行った。このうち改札口前では「山陰をもっと元気に」と書かれた横断幕を手にした行員たちが「おはようございます」「いってらっしゃいませ」とあいさつの声を響かせた。

 同行鳥取駅南支店に勤務する田中清華さん(24)は「あいさつを返してくれる方もいて、こちらも朝から元気をもらえる」と話した。