2018年1月13日

「公共インフラ 一手に」 エネルギー地産地消シンポ

 エネルギーの現状と課題を考える「エネルギーの地産地消による地方創生シンポジウム」が12日、米子市文化ホールで開かれた。立命館大のラウパッハ・スミヤ・ヨーク教授が電力やガス、水道など公共サービスを一手に担うドイツの

会員登録すると続きをお読みいただけます。