2018年1月19日

大山小児童“光害”学ぶ 星空保全条例、県が勉強会

 4月1日の鳥取県星空保全条例施行を前に、大山小(大山町佐摩、斎藤匠校長)で18日、条例の重要さを学ぶ勉強会が開かれた。児童らは移動式のプラネタリウムで同町の夜空の明るさを実感したほか、

会員登録すると続きをお読みいただけます。