2018年2月4日

淀江と読谷村(沖縄) 25年目の児童交流

 米子市淀江町宇田川地区と、沖縄県読谷村楚辺地区の児童の交流が25年目を迎えた。2~5日の日程で、楚辺子ども会のメンバーが鳥取県を訪れ、大山でのスキーや伝統芸能交流などで親睦を深めている。今年は障害のある児童のスキー体験をかなえるため、関係者が受け入れ準備を進めてきた。四半世紀にわたり築かれた絆は、子どもたちの夢を実現する力となっている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。