2018年2月4日

生活復興支援へ新体制 条例改正提案へ 鳥取中部地震

 鳥取県の平井伸治知事は3日に倉吉市内で開いた「第4回鳥取県中部地震復興会議」「第7回鳥取創生チーム中部会議」で、被災者の生活復興を支援する新たな体制を設け、制度化について条例に明記する考えを示した。専門チームで事情に即した支援を進める方針で、2月県議会に関連条例の改正案を提案する。住宅支援金についても申請期限を再延長する考えがあることも表明、セットで復興の総仕上げをしていく。

会員登録すると続きをお読みいただけます。