2018年2月7日

県内作家10人雑貨とアート 鳥取市・百花堂で展示

 鳥取県在住のハンドメード作家10人の手作り雑貨とアートのイベント「娘・息子展2018 うめの頃」が、鳥取市南隈のコミュニティプラザ百花堂で開かれている。7日まで。

 因州和紙のランプシェードやパッチワーク小物、ペーパーデコレーションの小さなケーキ、ガラスビーズのアクセサリー、優しい色彩のイラストなどがずらり。ワークショップも開かれており、手作りの温かみと繊細な仕上がりの作品が来場者の笑顔を引き出している。

 同市卯垣3丁目の久野正枝さん(83)は「手作りのものが好きなので、見るのが楽しい」と話した。

 8~12日の同展「ももの頃」では、羊毛フェルト小物やパステルアート、押し花作品など11人が出展する。