2018年2月9日

鳥大医学部開発の「腎生検」 普及目指し研究会

 鳥取大医学部(米子市西町)が新たに開発した腎臓病の生体検査(腎生検)の実用化と普及を目指し、全国の医師や研究者ら61人でつくる「腎生検LVSEM研究会」が発足した。新たな検査方法は、

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集