2018年2月12日

壁や屋根に県製品 県林試に屋内試験棟

 鳥取市河原町稲常の鳥取県林業試験場に、県産の国内最薄直行集成板(CLT)などを使った、新たな屋内試験棟の整備が進められている。県産木材の加工技術高度化や新製品開発とともに、木材加工の新技術のPRにもつながるものと期待を集めている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。