2018年2月14日

伯耆国刀工「安綱」顕彰 県と春日大社、組織立ち上げ

 春日大社(奈良市)所蔵の太刀が、平安時代末期の伯耆国(鳥取県中西部)で作られた「古伯耆物[こほうきもの]」と呼ばれる最古級の日本刀と判明したことを受け鳥取県と春日大社は、製作者と思われる「安綱[やすつな]」を顕彰する

会員登録すると続きをお読みいただけます。