2018年4月14日

「使いづらい」イメージ脱却 公共交通見直し本腰

 高齢化や経済の活性化といった問題の解決を目指し、鳥取県米子市は4月の機構改革に伴い専門部署を立ち上げ、公共交通の見直しを本格的に始める。伊木隆司市長が掲げる「住んで楽しいまち」の“路線”づくりが命題となるが、

会員登録すると続きをお読みいただけます。