2018年5月19日

被害者の訴訟を支援 強制不妊問題で鳥取県

 旧優生保護法下で障害者らへの強制不妊手術が繰り返された問題で、鳥取県は18日、被害者の訴訟を支援する方針を決めた。6月補正予算案に120万円を計上。法廷に出席する際の交通費、介助者や手話通訳者を

会員登録すると続きをお読みいただけます。