2018年6月9日

漁獲減るマハゼを蓄養 県水試と三光実証試験着手

 県水産試験場は、2012年から米子市大崎の中海に造成された浅場に竹の魚礁を設置するなど、マハゼの生産力回復を目指した調査に取り組んできた。3年前からは県栽培漁業センター(湯梨浜町)で、

会員登録すると続きをお読みいただけます。