2018年6月14日

未回収の簡易水道料金約530万円 鳥取市が債権放棄

 鳥取市が2004年の市町村合併で旧町村から引き継いだ簡易水道事業の未収金のうち、約530万円分の債務者を特定できず、債権を放棄したことが13日分かった。市の財務管理システムと担当課の料金管理システムに差異があり、放置されていた。

会員登録すると続きをお読みいただけます。